コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盤竜城址 ばんりゅうじょうしPán lóng chéng zhǐ

世界大百科事典 第2版の解説

ばんりゅうじょうし【盤竜城址 Pán lóng chéng zhǐ】

中国,湖北省黄陂県の盤竜湖北岸にある殷代古城址。1954年に発見され,その後74年に,北京大学および湖北省博物館の手によって本格的な発掘調査が行われている。古城址は,平面正方形に近く,南北約290m,東西約260mと報告されている。城内北東部には微高地が存在し,この付近でいくつかの宮殿址が発見されている。盤竜城址の基準となる土層は8層に分かれるが,そのうちの4~6層からは,灰陶の鬲(れき),甗(げん),斝(か),簋(き),豆(とう),大口尊,尊などの遺物が出土している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android