コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盤竜城址 ばんりゅうじょうし Pán lóng chéng zhǐ

1件 の用語解説(盤竜城址の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ばんりゅうじょうし【盤竜城址 Pán lóng chéng zhǐ】

中国,湖北省黄陂県の盤竜湖北岸にある殷代古城址。1954年に発見され,その後74年に,北京大学および湖北省博物館の手によって本格的な発掘調査が行われている。古城址は,平面正方形に近く,南北約290m,東西約260mと報告されている。城内北東部には微高地が存在し,この付近でいくつかの宮殿址が発見されている。盤竜城址の基準となる土層は8層に分かれるが,そのうちの4~6層からは,灰陶の鬲(れき),甗(げん),斝(か),簋(き),豆(とう),大口尊,尊などの遺物が出土している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

盤竜城址の関連キーワード漢口荊州湖北省湖北赤壁武昌黎元洪三峡巴猿湖北みずどりステーション

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone