コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰陶 かいとう Hui-tao

6件 の用語解説(灰陶の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

灰陶
かいとう
Hui-tao

黝灰色(ゆうかいしょく)ないし灰色を呈した,新石器時代からの中国の代表的土器。この色は還元炎で焼成されたために生じる。仰韶文化の廟底溝期に現れ,続く竜山文化期から時代にかけて盛行するようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かい‐とう〔クワイタウ〕【灰陶】

中国、新石器時代から殷(いん)代に盛行した灰青色の土器。多くは表面に櫛目文(くしめもん)や縄蓆文(じょうせきもん)をもつ。日常の容器としてのころまで使用された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

灰陶【かいとう】

中国の灰青色土器。焼成の最後の段階で水をかけ,空気を断って,粘土中の酸化鉄を還元させ焼きしめたもの。土器製作法の変遷過程では,粗陶(黒褐色),紅陶(赤色)を経て第3段階に現れる。
→関連項目邯鄲遺跡城子崖遺跡陶質土器

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かいとう【灰陶 huī táo】

中国考古学で土器を区別する用語。広義には灰色ないしはそれに準じる色調の土器をさす。狭義には酸化炎で焼き上げた赤焼土器(紅陶)や,土器の表面に煤を沈着させた黒陶に対して,焼成の最終段階に空気を送らず,還元炎で焼き上げた青灰色の土器をいう。狭義の灰陶は竜山文化になって出現し,殷・周時代をへて現代まで用いられている。殷代では土器全体の98%が灰陶であり,泥質灰陶と砂質灰陶にわかれる。前者は混和剤をいれないもので,一部に水簸(すいひ)を行い表面を磨き上げた精製品をふくむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かいとう【灰陶】

中国、殷代以前に始まる陶質土器。焼成の最終段階で、空気をあまり送らず窯の中を還元状態にするため灰青色を呈する。殷・周代を中心に漢・唐の頃まで日常の容器として広く使われた。 → 彩陶黒陶

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

灰陶
かいとう

中国でつくられた灰色系土器の総称。一般に土器は酸化炎で焼いた場合、粘土中の鉄分が赤色の酸化第二鉄となり紅色系を呈するが、適度に通風を制御した還元炎で焼くと酸化が進まず、灰色系の土器すなわち広義の灰陶となる。華北地方における土器の主体は、新石器時代の仰韶(ぎょうしょう)文化期末から竜山(りゅうざん)文化期にかけて、還元炎焼成を可能にする窯(かま)の発達に伴い、紅色系から灰色系へと変化した。灰色系の土器は殷(いん)代になるとさらに一般化し、以後、実用器あるいは明器(めいき)類の中心として、磁器の使用が広まる唐・宋(そう)期まで残存した。しかし、このうち狭義の灰陶とは、彩陶(さいとう)、黒陶(こくとう)などと併称され、新石器時代から殷代に盛行したそれをさす。竜山文化期の灰陶は、黄河中流地方にもっとも一般的な土器であったが、黒陶が並行して発達する東方の黄河、揚子江(ようすこう)下流地方では相対的に少なく、またその製作法、器種とも異なっていた。前者の灰陶は、普通、巻き上げ法で形をつくり、縄を巻いた叩(たた)き板で器面を拍打して成形する。このとき、その叩き痕(あと)である籃文(らんもん)、縄文が器表に施文される。代表的な器種として、袋状の三足をもつ鬲(れき)(か)などがある。続く殷代では、灰陶の器種はきわめて多様化した。[西江清高]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

灰陶の関連キーワードヒルト華夷チャイナ中文唐画中華街中国銀聯中国茶の日中国醤油孔子学院

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone