コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二里岡遺跡 にりこういせき

大辞林 第三版の解説

にりこういせき【二里岡遺跡】

中国河南省鄭州市郊外にある丘陵遺跡。西半部は殷墟いんきよより早い殷代中期の遺跡で、建築遺構が中心。東半部は戦国時代の墓地。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にりこういせき【二里岡遺跡 Èr lǐ gāng yí zhǐ】

中国,河南省鄭州市二里岡で発見された殷代の標準遺跡と戦国時代の墓群。鄭州市の南東部,旧城より約1km離れた,東西長約1500m,南北幅約600m,高さ5~10mのの上に位置している。1950年に発見され,52年から55年に発掘調査が行われた。丘の西側では殷代文化層とその下層に竜山文化層が発見され,丘の東側では戦国時代の古墓群が発見されている。二里岡遺跡で発見された重要な殷代文化層は殷後期の地層の下面にあり,〈二里岡上層文化〉と〈二里岡下層文化〉の2時期に分けられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二里岡遺跡
にりこういせき

中国、河南省鄭州(ていしゅう)市二里岡にある殷(いん)代の遺跡と戦国時代の墓群。二里岡は鄭州市の南東部に存在する東西長約1500メートル、南北幅約600メートル、高さ5~10メートルほどの土岡である。土岡の西側では殷代文化層と竜山文化層が発見され、土岡の東側で戦国時代の古墓が発見されている。発見された殷代文化層は二時期に分けられ、「二里岡上層文化」「二里岡下層文化」とよばれ、いずれも殷中期の標準資料となっている。殷代遺構には灰坑(かいこう)(地下貯蔵穴)、墓、建築址(し)があり、遺物には、土器、石器、骨角器、青銅器の類がある。また212基の戦国墓が発掘され、そのなかの186基が竪穴土壙墓(たてあなどこうぼ)で、残りの26基が竪穴空心槨墓(せんかくぼ)であった。副葬品には、陶器、青銅器、鉄器、玉石器があった。とくに陶器には、鼎(てい)、豆(とう)、壺(こ)、盤(ばん)(い)、小壺、盒(ごう)、尊(そん)、甕(よう)、罐(かん)などの器形が存在し、戦国期の韓(かん)、魏(ぎ)における副葬陶器の標準資料となっている。[飯島武次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の二里岡遺跡の言及

【鄭州】より

…古城址の調査とともに住居跡や墳墓,さらに城壁の外には銅器鋳造所,陶器・骨器製造所跡なども発見された。鄭州殷代故城の南東角外側に二里岡遺跡が存在する。この遺跡は,殷中期文化の標準遺跡で,出土した土器を基準として上層文化と下層文化に分けられ,下層は〈二里岡文化〉と称して,安陽の殷墟よりも古い殷代中期に属することが明らかになった。…

※「二里岡遺跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

二里岡遺跡の関連キーワード殷墟墓地

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android