目で物を言う(読み)めでものをいう

精選版 日本国語大辞典「目で物を言う」の解説

め【目】 で 物(もの)を言(い)

目配せして意思を通ずる。
※国民新聞‐明治四一年(1908)四月一四日「此二人は昨年一月春男宅の歌留多会でで物を云ひ、忘れもせぬ同年三月十日谷中天王寺の墓場で嬉しい言葉を交した以来」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「目で物を言う」の解説

もの・う

目つきや目くばせで気持ちを伝える。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android