コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国民新聞 こくみんしんぶん

6件 の用語解説(国民新聞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国民新聞
こくみんしんぶん

徳富蘇峰が 1890年2月1日に創刊した日刊紙。おりからの条約改正論議の盛んななかで,『日本』の欧化政策反対の国粋主義とは違って,開明的なナショナリズム平民主義 (ブルジョア民主主義) の立場からの欧化政策を主張,知識人層に歓迎されたが,蘇峰が大隈重信松方正義に次々と接近しては離れ,最後に山県有朋,桂太郎の長州閥に密着して御用新聞化するに及んで,山県,桂系の代弁新聞になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こくみんしんぶん【国民新聞】

明治23年(1890)徳富蘇峰(とくとみそほう)が創刊した日刊新聞。平民主義の立場から、しだいに国家主義に転じた。昭和17年(1942)「都(みやこ)新聞」と合併し、「東京新聞」となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

国民新聞【こくみんしんぶん】

1890年徳富蘇峰が大新聞(おおしんぶん)と小新聞(こしんぶん)の中間的編集を目ざして創刊した日刊紙。初期は政治的には平民主義をとなえ,紙面の多様性,平明な主張で歓迎された。
→関連項目川上三太郎国木田独歩千葉亀雄徳冨蘆花中西梅花根津嘉一郎平福百穂松崎天民松根東洋城松原二十三階堂宮崎湖処子民友社山路愛山

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こくみんしんぶん【国民新聞】

1890年2月1日,徳富蘇峰によって創刊された日刊新聞。雑誌《国民之友》を発行し,大成功をおさめていた蘇峰が〈新聞其物をして社会の生活と一致合体せしむる〉を基本方針として発刊した。創刊当初は政治,経済,文化等のさまざまな分野を報道・論評する生新な新聞として人気を博した。社長兼主筆が蘇峰,編集長は福田和五郎,記者には人見一太郎竹越与三郎宮崎湖処子徳冨蘆花らがいた。政治的には〈平民主義〉を掲げ,自由党に近い立場にあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こくみんしんぶん【国民新聞】

1890年(明治23)徳富蘇峰が創刊した日刊新聞。平民主義を掲げて出発したが、のち国権主義に転じた。1942年(昭和17)「都新聞」と合併、「東京新聞」となった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国民新聞
こくみんしんぶん

1890年(明治23)2月1日、徳富猪一郎(いいちろう)(徳富蘇峰(そほう))が創刊した日刊紙。当初青年層の圧倒的人気を得ていたが、日清(にっしん)戦争後、蘇峰が桂(かつら)太郎に接近したため、かわって官僚、軍人の支持を得るようになり、その論調は政界に大きな影響力をもった。1905年には日露講和条約支持で、13年(大正2)の憲政擁護運動でも桂内閣を支持して民衆の襲撃を受けたが、根強い蘇峰信者の支援を得て紙勢は衰えず、大正中期には20万~25万部を維持した。しかし関東大震災(1923)で社屋、印刷所が被災、経営は苦しくなり、初代根津嘉一郎(かいちろう)の援助を受けたが、蘇峰と意見があわず、29年(昭和4)蘇峰は退社した。以後、経営者の交替相次ぐが、新聞統合で『都(みやこ)新聞』と合併、42年10月『東京新聞』となる。[春原昭彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の国民新聞の言及

【御用新聞】より

…同紙は政府を代弁するあまり,政府側に不利な事実の報道を怠っているという攻撃を受けたため,御用新聞であることが,経営的にもしだいにマイナスとなってきた。明治後期の《国民新聞》のような御用新聞は,読者からボイコットや焼打ちにあう。そのため,各紙とも御用新聞イメージの払拭に努め,不偏不党や中立を標榜するようになる。…

【徳富蘇峰】より

…平民的欧化主義を旗印としたこの雑誌は,政治・経済・社会から宗教・文芸にわたる多面的で新鮮な編集によって異常な人気を呼んだ。90年には余勢をかって《国民新聞》を創刊し,報道紙としての新聞という面で新機軸を打ち出す。日清戦争開戦前後から国家の対外的膨張を自然かつ当然とする膨張主義の立場へと移りはじめ,三国干渉後はこの立場から挙国一致と軍備増強を叫ぶようになる。…

※「国民新聞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国民新聞の関連キーワード真溪涙骨国民之友ドゥーマ碧玉渓徳富蘇峰記念館徳富記念園塩崎彦市塩崎マサ子徳富一敬徳富久子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国民新聞の関連情報