コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目引き マビキ

4件 の用語解説(目引きの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ま‐びき【目引き】

目のようす。また、目で合図して相手に知らせること。めくばせ。
「女房どもも、みな御前の―にしたがひて」〈著聞集・八〉

め‐ひき【目引き】

地色や模様が色あせたり汚れたりしたものを色揚げすること。また、もとの生地の柄が隠れないようにして染めかえること。
製本のとき丁合(ちょうあい)ずみのものを重ね合わせ、綴(と)じ糸を通す穴をあけること。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まびき【目引き】

目くばせ。まばたき。 「みな御前の-にしたがひて、さしいづる人もなかりければ/著聞 8

めひき【目引き】

色揚げの際に、模様の部分を防染して引き染めにすること。
手綴じ製本で、丁合いの終わった中身の背に、糸綴じ用の小穴をつくるため鋸目のこぎりめを入れること。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

目引きの関連情報