地色(読み)ジイロ

  • じいろ ヂ‥
  • じいろ〔ヂ〕

デジタル大辞泉の解説

布・紙などの、下地の色。
女郎が、土地の男を情夫にすること。また、その情夫。
「―でも出来たか」〈洒・辰巳之園
素人の女との色恋。
「なりひらの惜しい事には―なり」〈柳多留・八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

下地したじの色。地質じしつの色。
花街の女が情夫にした土地の男。 どうだ、-でもできたか/洒落本・辰巳之園
素人娘との色事。 いや、おらは-はきらいだ。比丘尼びくにがええ/咄本・聞上手

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 布、紙などの下地(したじ)の色。材料そのものの色。じ。
※御湯殿上日記‐長享元年(1487)八月五日「御きぬちあをのかうし。地色のところはかりすすし」
② (「地」は、しろうとの女の意) 色をひさぐ女郎ではなく、しろうと女との色恋。また、その女。地の色。
※談義本・教訓不弁舌(1754)四「色にふけり、地色には金を遣ひ、女郎にはだまされ果て」
③ 女郎が、客ではなく地回りの者を情夫とすること。また、その男。
※洒落本・魂胆惣勘定(1754)中「又此くめん事にて、地色(チイロ)の手管もあり」
④ 浄瑠璃の節章の一つ。ふし落ちのあとなどにおける地(じ)の語りだしの一つで、詞の要素を加味した色の語り方。音の高低によって、地色ウ、地色中、地色上、地色ハルがある。
※浄瑠璃・曾根崎心中(1703)「だうりともせうし共思ひ、やられてあはれ也。地色ハアかういふてもハルむやくのこと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の地色の言及

【地】より

…万物の存在の基盤としての大地。転じて〈地色〉〈地の文〉のように本来のもの,基本的なものを指す語ともなる。このうち土地についてみると,8~9世紀に〈地〉は見開(げんかい)(現に開かれている土地)・未開を問わず,田,畠,野,山,浜などの地種をふくむ大地そのものを指す語として使われている。…

※「地色」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出勤再開うつ

在宅勤務から出勤再開に伴う不安やストレスによって生じる心身の不調を指す俗称。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大防止策として普及した、テレワークなどによる在宅での新しい働き方に慣れてきた頃に、緊急...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地色の関連情報