地色(読み)ジイロ

デジタル大辞泉の解説

じ‐いろ〔ヂ‐〕【地色】

布・紙などの、下地の色。
女郎が、土地の男を情夫にすること。また、その情夫。
「―でも出来たか」〈洒・辰巳之園
素人の女との色恋。
「なりひらの惜しい事には―なり」〈柳多留・八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じいろ【地色】

下地したじの色。地質じしつの色。
花街の女が情夫にした土地の男。 「どうだ、-でもできたか/洒落本・辰巳之園」
素人娘との色事。 「いや、おらは-はきらいだ。比丘尼びくにがええ/咄本・聞上手」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の地色の言及

【地】より

…万物の存在の基盤としての大地。転じて〈地色〉〈地の文〉のように本来のもの,基本的なものを指す語ともなる。このうち土地についてみると,8~9世紀に〈地〉は見開(げんかい)(現に開かれている土地)・未開を問わず,田,畠,野,山,浜などの地種をふくむ大地そのものを指す語として使われている。…

※「地色」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地色の関連情報