コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地色 ジイロ

デジタル大辞泉の解説

じ‐いろ〔ヂ‐〕【地色】

布・紙などの、下地の色。
女郎が、土地の男を情夫にすること。また、その情夫。
「―でも出来たか」〈洒・辰巳之園
素人の女との色恋。
「なりひらの惜しい事には―なり」〈柳多留・八〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じいろ【地色】

下地したじの色。地質じしつの色。
花街の女が情夫にした土地の男。 「どうだ、-でもできたか/洒落本・辰巳之園」
素人娘との色事。 「いや、おらは-はきらいだ。比丘尼びくにがええ/咄本・聞上手」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の地色の言及

【地】より

…万物の存在の基盤としての大地。転じて〈地色〉〈地の文〉のように本来のもの,基本的なものを指す語ともなる。このうち土地についてみると,8~9世紀に〈地〉は見開(げんかい)(現に開かれている土地)・未開を問わず,田,畠,野,山,浜などの地種をふくむ大地そのものを指す語として使われている。…

※「地色」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

地色の関連キーワードベンガルタイガークラウンローチ蝋叩き・蠟叩きタッタソール黄立羽・黄蛺白ナンバーオセロットなつおとめアゴハゼ白羽二重鹿の子斑洒落本伏せ糊茶トラ斑・駁沢瀉威目引きイサザ一畳台甲袈裟

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地色の関連情報