コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目黒道琢 めぐろ どうたく

2件 の用語解説(目黒道琢の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

目黒道琢 めぐろ-どうたく

1724-1798 江戸時代中期の医師。
享保(きょうほう)9年生まれ。多紀元孝(たき-もとたか)が江戸神田に創立した医学校躋寿館(せいじゅかん)でおしえ,幕府の医学館に昇格するとともに講師となる。考証医学にすぐれた。寛政10年8月30日死去。75歳。陸奥(むつ)会津(あいづ)(福島県)出身。名は尚忠。字(あざな)は恕公。号は飯渓。著作に「餐英館(さんえいかん)療治雑話」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

目黒道琢

没年:寛政10.8.30(1798.10.9)
生年:元文4.3.10(1739.4.17)
江戸中・後期の医者。陸奥国会津柳津(福島県柳津町)の人。名は尚忠,字は恕公,号は飯渓。畠山氏を祖とする豪農の家に生まれたが,江戸に出て曲直瀬玄佐(7代目道三)の門に入り医を学び,塾頭となる。学問,医術ともにすぐれ,松平定信の信任を受けて医学館(躋寿館)の教授に招かれ,34年間にわたって医経を講義した。市井の医者としては破格の扱いを受け,寛政10(1798)年には将軍徳川家斉に謁したがこの年没した。江戸の考証医学を興した重要人物として,また臨床医学方面の業績も高く評価されている。

(小曾戸洋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

目黒道琢の関連キーワード山脇元沖児玉良悦会津陸奥国若松医者坊主手医者秋山左衛門三筋糸彦結城義顕

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone