盲滅法界(読み)めくらめっぽうかい

精選版 日本国語大辞典の解説

めくら‐めっぽうかい ‥メッポフカイ【盲滅法界】

[1] 〘名〙 (形動) =めくらめっぽう(盲滅法)(一)
※明治浮世風呂(1887)〈浮世粋史〉一五「目(メ)くら滅法界(メッパフカイ)に二人で出掛て行て」
※落語・心の眼(1899)〈初代三遊亭金馬〉「ト言ひながら止めるのを聞きません、盲目滅法界(メクラメッポフカイ)ツウーッと駆け出しました」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android