盲滅法(読み)メクラメッポウ

デジタル大辞泉の解説

めくら‐めっぽう〔‐メツポフ〕【盲滅法】

[名・形動]見当をつけないで、やみくもに事をすること。また、そのさま。「盲滅法な(の)突進

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めくらめっぽう【盲滅法】

( 名 ・形動 )
何の見当もつけずにむやみに事を行う・こと(さま)。やみくも。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めくら‐めっぽう ‥メッポフ【盲滅法】

[1] 〘名〙 (形動) 少しも見当がつかないで、でたらめに事をすること。また、そのさま。やみくも。めくらめっぽうかい。
※雑俳・柳多留‐一五四(1838‐40)「盲(めくラ)めっほう甲州の壁訴訟」
[2] 〘副〙 見当もつけないで、むやみやたらに事をするさまを表わす語。めくらめっぽうかい。
※春泥(1928)〈久保田万太郎〉冬至「さう信じてめくら滅法(メッポフ)飲みつづけて来たものの」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android