盲瞽女・盲御前(読み)めくらごぜ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 盲目の女性で、鼓を打ったり、三味線を弾いたりしながら唄をうたい、米銭などを乞うもの。ごぜ。
※大観本謡曲・望月(1586頃)「これはこの宿にはやる盲御前にて候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android