直刀(読み)チョクトウ

デジタル大辞泉の解説

ちょく‐とう〔‐タウ〕【直刀】

刀身がまっすぐで反(そ)りのない刀。日本では、平安中期ごろまで用いられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょくとう【直刀】

刀身がまっすぐで、反りのない刀。日本では奈良時代まではすべて直刀であった。古代作り。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょく‐とう ‥タウ【直刀】

〘名〙 古代刀剣の一つ。古墳時代末期以降、奈良時代にかけて使用された刀。茎(なかご)から身の棟(むね)まで直線をなし、鎬(しのぎ)がなく、漸次刃となった平造りであったところからいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の直刀の言及

【日本刀】より

…(2)反り(そり) 長さを示す直線から刀の棟への垂直線の最長距離のこと。反りのないものを〈直刀〉,反りのあるものを〈彎刀(わんとう)〉という。剣の場合は長さは切先から区までの距離,また,左右相称形なので反りはない。…

※「直刀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

直刀の関連情報