直腸切断術(読み)ちょくちょうせつだんじゅつ(英語表記)rectal amputation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

直腸切断術
ちょくちょうせつだんじゅつ
rectal amputation

直腸を肛門および肛門括約筋とともに外科的に除去して,腹壁に人工肛門を造設する手術方法をいう。 W.W.マイルズによって確立 (1908) された術式なので,マイルズの手術ともいわれる。この術式の開発によって,直腸癌の手術成績が著しく向上した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の直腸切断術の言及

【肛門癌】より

…治療は手術がただ一つの治療法である。術式は直腸癌の手術と同様で,直腸切断術および人工肛門造設術である。肛門周辺の皮膚を円形に大きく切開し,癌と肛門周囲の組織を直腸とともに切断する。…

※「直腸切断術」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

直腸切断術の関連情報