コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直腸癌 ちょくちょうがん cancer of the rectum

6件 の用語解説(直腸癌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

直腸癌
ちょくちょうがん
cancer of the rectum

直腸膨大部に最も多く発生し,続いて直腸上部にもよく発生する癌。大部分は腺癌で扁平上皮癌はまれ。排便の残留感,血便や粘液便,便形の異常,便秘,ときに疼痛などの症状によって発見される。肛門指診と直腸鏡で容易に診断される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちょくちょう‐がん〔チヨクチヤウ‐〕【直腸×癌】

直腸に発生する癌。早期には下痢(げり)傾向となり、やがて血液が付着した便がみられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

直腸癌【ちょくちょうがん】

直腸に生じる癌。40〜60歳に多く,直腸膨大部に好発する。初期には無症状のことも多い。便が細くなり,粘血便,血便,しぶり腹などの症状がある。進行すると体重減少,貧血などが起こる。
→関連項目塩酸イリノテカン痔瘻前癌状態腸癌

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちょくちょうがん【直腸癌 carcinoma of the rectum】

直腸癌は大腸癌のほぼ過半数を占め,年齢的には40~60歳代の男子に多いとされているが,他の部位の癌にくらべて若年者にもまれではない。直腸に癌が発生して進行すると,腸壁を貫いて直接周囲の組織を侵していく。すなわち男子では膀胱や前立腺へ,女子では子宮あるいは腟へ浸潤していく。そのほかリンパ管や血管を介して癌が転移する。とくに血行性の転移は門脈を通って肝臓へ転移する。さらに肺や脳へも転移するが,これらを癌の遠隔転移という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちょくちょうがん【直腸癌】

直腸部に生じる悪性腫瘍。早期に便通の異常、粘血便の排出がみられる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

直腸癌
ちょくちょうがん

直腸に発生する癌。直腸は消化管の末端で、肛門(こうもん)から約15センチメートルの大腸であり、おもな機能は排便である。直腸は癌の好発部でもあり、大腸癌の30%余りが直腸に発生する。直腸癌の発生原因や病期分類は結腸癌と同様であるが、過去には日本人の大腸癌の70%が直腸癌であったが、食生活の変化によって結腸癌が急速に増えたため直腸癌の比率が低下した。大腸癌が結腸癌と直腸癌に分けられる理由は、腹腔内にある結腸に比べて骨盤腔内にある直腸は手術手技が困難で、しばしば人工肛門の造説を余儀なくされるためである。男性にやや多い。初期には無症状であるが、進行すると血便や排便時出血、細い便、排便困難などの症状を示す。診断は下部直腸癌では直腸指診でも可能であるが、直腸鏡や大腸内視鏡、注腸X線検査、生検が用いられる。さらに癌の進行程度を調べるために骨盤のX線CTや超音波検査が行われる。
 治療は、手術が原則であるが、早期癌には内視鏡治療や局所切除が行われ、下部直腸癌には肛門管を含めた切除により人工肛門がつくられる。しかし、上部や中部直腸癌には人工肛門をつくらない排便機能温存手術が行われる。進行癌では骨盤内に再発することが多いので手術前の放射線治療や骨盤リンパ節郭清(かくせい)が併用されている。また、手術による骨盤神経の損傷による術後の排尿障害を防ぐために、神経温存手術も工夫されている。また、進行癌では手術前後に結腸癌同様の化学療法が併用される。[安富正幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の直腸癌の言及

【肛門癌】より

直腸癌のうち,肛門管の領域にできた悪性腫瘍をいい,全直腸癌の2~3%の頻度でみられる。肛門管とは,下方は会陰部の毛の生え際に一致する肛門下縁から,上方は肛門粘膜が直腸粘膜に移行するところまでの長さ平均約3cmの部分をいう。…

【大腸癌】より

…大腸の癌腫。発生の部位によって直腸癌と結腸癌に大別される。原因は不明であるが,重視されているのは大腸ポリープのうちの大腸腺腫の癌化で,腺腫の性別頻度,年齢別頻度,部位別分布が大腸癌のそれに一致し,かつ腺腫の一部に癌が見つかることがあるからである。…

※「直腸癌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

直腸癌の関連キーワード大腸癌直腸過半過半数絶対多数腸癌アービタックス単純多数小腸癌早期大腸癌

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

直腸癌の関連情報