腹壁(読み)ふくへき

精選版 日本国語大辞典「腹壁」の解説

ふく‐へき【腹壁】

〘名〙 腹腔の内側の
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉六「腹壁截開よりも、脱疽截断よりも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の腹壁の言及

【開腹】より

…腹腔内臓器の各種疾患や腹部外傷などの手術のために腹腔を開くこと。腹壁は皮膚,筋膜,腹膜からなっているが,皮膚から腹膜までを完全に切開することを開腹術という。開腹術の歴史はきわめて古く,前335年にコスのプラクサゴラスPraxagorasがイレウス(腸閉塞)に行ったのが最初。…

※「腹壁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android