コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相博 そうはく

大辞林 第三版の解説

そうはく【相博】

〔「そうばく」とも〕
古代・中世、田地・所領などを交換すること。
役職・当番などを交代すること。 「御-にてけふ御まゐり/御湯殿上 文明一三

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうはく【相博】

交換の意をもつ漢語。仁井田陞の研究によると,中国古代の書《吏学指南》に,〈貿易 以物易財曰貿 互相博換曰易〉とある。日本に伝わり古代前期から使用され,相替(あいかえ)ともいわれた。用例としては,造東大寺使が相模国にある寺地1町と同国の調邸との交換を希望し,天平勝宝6年(754)1月23日付で相模国司に送った牒に〈願くば彼此の便を計り,相博を得んと欲す〉とある。【平山 行三】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

相博の関連キーワード御湯殿上一円地名田荘秦永成相博状雀部荘契状田地

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

相博の関連情報