コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相博 そうはく

2件 の用語解説(相博の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

そうはく【相博】

〔「そうばく」とも〕
古代・中世、田地・所領などを交換すること。
役職・当番などを交代すること。 「御-にてけふ御まゐり/御湯殿上 文明一三

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

そうはく【相博】

交換の意をもつ漢語。仁井田陞の研究によると,中国古代の書《吏学指南》に,〈貿易 以物易財曰貿 互相博換曰易〉とある。日本に伝わり古代前期から使用され,相替(あいかえ)ともいわれた。用例としては,造東大寺使が相模国にある寺地1町と同国の調邸との交換を希望し,天平勝宝6年(754)1月23日付で相模国司に送った牒に〈願くば彼此の便を計り,相博を得んと欲す〉とある。【平山 行三】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

相博の関連キーワード唐律疏議仁井田陞潜心電話交換手イオン交換膜イオン交換カラム窪川[町]仁井田碓嶺仁井田益太郎若手研究

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

相博の関連情報