コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁井田陞 にいだのぼる

5件 の用語解説(仁井田陞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仁井田陞
にいだのぼる

[生]1904.1.1. 仙台
[没]1966.6.22. 東京
東洋法制史家。旧姓菅野。京華中学校,松本高等学校を経て 1925年東京大学法学部に入り,卒業後新設の東方文化学院助手,次いで研究員となり,中田薫に師事。『唐令拾遺』 (1933) を刊行,翌 34年帝国学士院恩賜賞を受け,『唐・宋法律文書の研究』 (37) で法学博士,42年東京大学教授となり,東洋文化研究所の創立に尽力した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

仁井田陞【にいだのぼる】

中国法制史家。仙台市出身。東大教授(1942年―1964年)。中田薫の高弟。中国の身分法,唐代の法制など未開拓の分野に大きな貢献をした。著書《中国法制史研究》《唐令拾遺》《中国とは何か》(遺稿)など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仁井田陞 にいだ-のぼる

1904-1966 昭和時代の中国法制史学者。
明治37年1月1日生まれ。東方文化学院で唐令の復元につとめ,昭和9年「唐令拾遺」で学士院恩賜賞。17年東京帝大東洋文化研究所教授となり,のち同所長。業績は「中国法制史研究」にまとめられている。昭和41年6月22日死去。62歳。宮城県出身。東京帝大卒。旧姓は管野。著作に「支那身分法史」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

にいだのぼる【仁井田陞】

1904‐66(明治37‐昭和41)
中国法制史学者。東大法学部出身,中田薫の高弟。東方文化学院東京研究所研究員,東大東洋文化研究所教授を経て,同所長。《唐令拾遺》(1934年学士院恩賜賞),《唐宋法律文書の研究》(1937),《支那身分法史》(1942)の大著で日本の中国法制史研究の水準を格段に高める。第2次大戦中,華北農村,北京工商ギルドの調査に従事。戦後,法社会学的関心も加え《中国の社会とギルド》(1951),《中国の農村家族》(1952)を著し,また《中国法制史》や自己の主要論文を集録した《中国法制史研究》全4巻(1959‐64)を世に送り,学界を先導した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仁井田陞
にいだのぼる
(1904―1966)

中国法制史の学者。法学博士。1928年(昭和3)東京帝国大学法学部卒業。中田薫(かおる)教授の指導を受け、東方文化学院の助手として唐令の復原に努力し、33年刊行の『唐令拾遺』に対して翌年日本学士院恩賜賞が授けられた。同学院の教授として精力的に中国法制史の研究を進めた。著書に『支那(しな)身分法史』(1942)、『中国の社会とギルド』(1951)等があり、論文集に『中国法制史研究』四巻(1959)がある。[石井良助]
『『補訂 中国法制史研究』全四巻(1980・東京大学出版会) ▽『中国身分法史』(1983・東京大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の仁井田陞の言及

【律令法】より

中田薫の《法制史論集》に収める諸論文や滝川政次郎《律令の研究》は,太平洋戦争以前に発表された代表的な研究文献であるが,これらに共通するものは,中国律令法と日本律令法との相違を明らかにしようとする課題意識である。その点では,日本律令そのものを論じたものではないが,仁井田陞(にいだのぼる)《唐令拾遺》も逸することはできない。敗戦後今日にいたるまで,研究はさらに深化したが,全体としてみれば個別化し細分化して,個々の条文の意味やそれによって定められた制度などは詳細に解明されつつあるが,律令法を総体としてとらえ,法としての構造と特質を明らかにする試みや,律令法に基づいて形成された国家の歴史的特質の解明などは,ようやくその究明に緒がつけられたというのが実情である。…

※「仁井田陞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

仁井田陞の関連キーワードシェノン中田薫法史学法制史石井良助国法学久保正幡滋賀秀三高柳真三エスマン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone