コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相模国 さがみのくに

5件 の用語解説(相模国の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相模国
さがみのくに

現在の神奈川県の一部。東海道の一国。上国。『古事記』には相武国とある。相模は『正倉院文書』の古印に「相も」とあるので「摸」の字をあてるほうがよいと考えられる。『旧事本紀』によれば,もと相武国造と師長 (しなが) 国造とがあり,前者は高座 (たかくら) 郡を中心とした地方,後者は『和名抄』に余綾 (よろき) 郡礒長郷とあり,相模湾沿いの海岸地方であろうとみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さがみ‐の‐くに【相模国】

相模

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

相模国【さがみのくに】

旧国名。相州,相摸とも。東海道の一国。現在の神奈川県の大部分。《延喜式》に上国,8郡。鎌倉時代,三浦氏が一時守護。同氏滅亡後は守護不設置で幕府が直轄。室町時代には関東管領の直轄を経て,小田原を中心に北条氏が支配。
→関連項目大庭御厨神奈川[県]関東地方

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

藩名・旧国名がわかる事典の解説

さがみのくに【相模国】

現在の神奈川県域を占めた旧国名。律令(りつりょう)制下で東海道に属す。「延喜式」(三代格式)での格は上国(じょうこく)で、京からは遠国(おんごく)とされた。国府と国分寺は、ともに初め現在の海老名(えびな)市、のち国府は大磯(おおいそ)町に移ったといわれるが、初期国府の平塚市付近説もある。平安時代中期以降、土肥(どひ)氏、大庭(おおば)氏、梶原(かじわら)氏、三浦氏、和田氏など平氏(へいし)の流れをくむ土豪諸氏が活躍、源頼朝(みなもとのよりとも)の挙兵を助け、鎌倉幕府の有力な御家人となった。鎌倉時代には将軍家の知行国(ちぎょうこく)となり、三浦氏が守護を務めたが、同氏滅亡後は不設置。南北朝時代から室町時代には鎌倉公方(くぼう)の支配に属し、末期には北条早雲を初代とする後北条(ごほうじょう)氏が小田原城を拠点に支配した。江戸時代には小田原藩領、旗本領、寺社領が分立した。1871年(明治4)の廃藩置県により神奈川県と足柄(あしがら)県が誕生、1876年(明治9)に両県が合併、1893年(明治26)に多摩三郡が東京都に移管し、現在の神奈川県となった。◇相州(そうしゅう)ともいい、相摸国とも書く。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

相模国
さがみのくに

旧国名。律令(りつりょう)体制によって設けられた国名で、東海道の一つ。上国。関東平野の南西に位置する。東・北は武蔵(むさし)、北西は甲斐(かい)、南西は駿河(するが)・伊豆、南は相模灘(なだ)に面する。現在の神奈川県の大部分にあたる。国名は『古事記』で相武(さがむ)、『和名抄(わみょうしょう)』で佐加三(さがむ)とある。現在は通常、相模、古くは相摸と書いた。古代の相模は相模川・酒匂(さかわ)川流域を中心として政治・文化圏が形成、4~5世紀に大和(やまと)政権に服属した。国内の郡は『延喜式(えんぎしき)』によると、足上(あしのかみ)・足下(あしのしも)(のち足柄上(あしがらかみ)・下郡)、余綾(よろき)(のち淘綾(ゆるぎ))、大住(おおすみ)、愛甲(あゆかわ)、高座(たかくら)、鎌倉、御浦(みうら)(のち三浦)の8郡からなる。国府は初め国分寺のある高座郡海老名(えびな)に、のち余綾・大住郡へ移転したとの説が有力である。『正倉院文書』天平(てんぴょう)7年(735)「相模国封戸租(ふこそ)交易帳」によると国内には光明(こうみょう)皇后らの封戸1300戸、4126町余があり、『和名抄』には田畠1万1236町余、人口約10万2000人とある。『延喜式』によると足柄~浜田(海老名)から武蔵に至る官道があった。11世紀末から荘園(しょうえん)が成立し武士団が成長した。たとえば足柄下郡曽我庄(そがのしょう)・土肥氏、大住郡波多野庄・波多野氏、愛甲郡毛利庄・毛利氏、高座郡渋谷庄・渋谷氏、大庭御厨(おおばのみくりや)・大庭氏、三浦郡三浦庄・三浦氏がある。
 1192年(建久3)源頼朝(よりとも)が鎌倉に幕府を開設、相模国は武家政権の中心地として将軍家の知行(ちぎょう)国となった。相模の武士団は頼朝挙兵から幕府創業期に御家人(ごけにん)の中核となった。源氏滅亡後、北条氏執権(しっけん)政治が確立、その治下に鎌倉五山を中心とする仏教が興隆した。南北朝内乱以後、相模国は関東管領(かんれい)支配となり、15世紀永享(えいきょう)の乱後、国内は内乱が続き、1495年(明応4)戦国大名北条早雲が小田原城に拠(よ)り、5代、1世紀の間関東を支配し、相模は西郡、中郡、東郡、三浦郡と津久井に編成された。
 1590年(天正18)北条氏滅亡、徳川家康の関東入国により、相模国554か村のうち徳川氏直轄領275か村(49.6%)、旗本領73か村(13.3%)、国の西部足柄上郡・下郡は小田原藩大久保忠世(ただよ)領となり、中世から伝統のある鎌倉には寺社領12か村が設けられた。また1594年(文禄3)国高19万4200石のうち、直轄領約10万6900石、小田原藩領4万石、旗本領約4万石、寺社領等7300石がある。こののち国内に関宿(せきやど)藩領をはじめ諸藩領が設定されたが、小田原藩のほかに六浦(むつら)藩、烏山(からすやま)藩、佐倉藩、荻野山中(おぎのやまなか)藩領が幕末まで続いた。この間、1633年(寛永10)、97年(元禄10)地方直(じかたなお)しにより国内所領は分給・分散による旗本領が中心となった。1691年、戦国時代からの津久井領が津久井県に改称、全国でもまれな県という行政単位が用いられた。
 近世の国内は開発が進み、相模原台地を中心に多くの新田が創出された。産業・物産には、足柄地方のミカンや石材、大住郡秦野(はだの)の煙草(たばこ)、津久井地方の漆、紬(つむぎ)、柏葉(かしわのは)(漁網の染料)などがあり、相模灘に面した大住郡須賀(すか)村のカツオは「御菜(ごさい)初鰹」として、また相模川のアユも将軍に献上された。文化も江戸との関係から盛んで、淘綾郡大磯(おおいそ)の鴫立庵(しぎたつあん)は相模俳壇の中心となった。また北相では自在庵派が栄えた。1853年(嘉永6)三浦半島浦賀にペリーが来航、日本の封建制は破れ、68年(慶応4)神奈川十里四方の大住郡、愛甲(あいこう)郡、高座(こうざ)郡、鎌倉郡、三浦郡の一部が神奈川府(のち神奈川県)、71年(明治4)廃藩置県により、11月鎌倉郡、三浦郡が神奈川県に、足柄上郡・下郡、淘綾郡、大住郡、愛甲郡、高座郡、津久井郡が足柄県に編入され(76年神奈川県となる)、相模国は消滅した。[神彰利]
『『神奈川県史』全36巻38冊(1971~85・神奈川県)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相模国の関連キーワード淡路国阿波国能登国武蔵安房佐渡神奈川県横浜市神奈川区神奈川神奈川県横浜市神奈川区台町神奈川県横浜市神奈川区東神奈川神奈川県横浜市中区南仲通

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

相模国の関連情報