コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相変化層状構造 そうへんかそうじょうこうぞうphase layering, phase-change layering

岩石学辞典の解説

相変化層状構造

火成岩の結晶分化作用のある段階で,鉱物が突然消失したり現われたりすることで形成される層状構造[Hess : 1960, Wager & Brown : 1968].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

相変化層状構造の関連キーワードフェーズ・レヤーリングクリプティック層状構造火成岩

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android