コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

層状構造 そうじょうこうぞうlayering

岩石学辞典の解説

層状構造

火成岩体が異なった性質の岩石の独立した層状部分(sheet)で形成されている場合[Ingerson : 1935].独立したシートは厚さは数cmから数mと幅があり広い範囲に広がっている.各シートの接触部は明瞭なことも漸移することもあるが,境界に急冷部分は観察されない.層状構造はマグマの分化作用の過程で重力による影響が考えられている.南アフリカのブシュヴェルド岩体の層状構造をホールが記載したが[Hall : 1932].この語はインガーソンが最初に使用した[Ingerson : 1935].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

層状構造の関連キーワードマクロリズミック・レヤーリングケルヴィン‐ヘルムホルツ波パーミエイションナイスクリプティック層状構造フェーズ・レヤーリングヨウ化カドミウム型構造インターカレーション塩化カドミウム型構造カーボンナノチューブスケアガート貫入岩体スチルプノメレーン片状ホルンフェルスホスト‐ゲスト化学モンモリロナイトフェナントロリンマグマオーシャンインターカラントストロマトライト相変化層状構造ウーリトイド

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android