コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

層状構造 そうじょうこうぞう layering

1件 の用語解説(層状構造の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

層状構造

火成岩体が異なった性質の岩石の独立した層状部分(sheet)で形成されている場合[Ingerson : 1935].独立したシートは厚さは数cmから数mと幅があり広い範囲に広がっている.各シートの接触部は明瞭なことも漸移することもあるが,境界に急冷部分は観察されない.層状構造マグマの分化作用の過程で重力による影響が考えられている.南アフリカのブシュヴェルド岩体の層状構造をホールが記載したが[Hall : 1932].この語はインガーソンが最初に使用した[Ingerson : 1935].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

層状構造の関連キーワード鉱物起源岩流動組織リソイダル変成岩体変成岩複合岩体火成岩起源累帯深成岩体外因性脈火成岩石区火成岩の相

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

層状構造の関連情報