コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

層状構造 そうじょうこうぞうlayering

1件 の用語解説(層状構造の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

層状構造

火成岩体が異なった性質の岩石の独立した層状部分(sheet)で形成されている場合[Ingerson : 1935].独立したシートは厚さは数cmから数mと幅があり広い範囲に広がっている.各シートの接触部は明瞭なことも漸移することもあるが,境界に急冷部分は観察されない.層状構造マグマの分化作用の過程で重力による影響が考えられている.南アフリカのブシュヴェルド岩体の層状構造をホールが記載したが[Hall : 1932].この語はインガーソンが最初に使用した[Ingerson : 1935].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

層状構造の関連情報