コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結晶分化作用 ケッショウブンカサヨウ

百科事典マイペディアの解説

結晶分化作用【けっしょうぶんかさよう】

結晶作用の進展にともなってマグマの化学組成が変化する現象。それとともに結晶する鉱物の種類も変化し,つくられる岩石が変化する。主にこの作用によって少数本源マグマから多様な火成岩が形成されると考えられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

法則の辞典の解説

結晶分化作用【crystallization differentiation】

マグマ冷却時の結晶析出において,晶出した結晶と残液との反応の程度に応じて起こるマグマの分化をいう.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

岩石学辞典の解説

結晶分化作用

マグマの分化作用で,初期に形成された結晶が,残りのマグマから分離するもの.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けっしょうぶんかさよう【結晶分化作用 crystallization differentiation】

晶出分化作用ともいう。化学組成の均一なマグマから化学組成の異なる種々の火成岩が生ずることをマグマの分化と呼ぶ。特に,結晶作用によって,もとのマグマとは異なる化学組成の岩石が生ずることを結晶分化作用という。マグマの分化は温度の降下に伴う結晶作用によって生ずるという考えは,20世紀初頭からイギリスのハーカーA.Harkerなどによって唱えられていたが,特に,ケイ酸塩溶融体の実験的研究にもとづいてアメリカのボーエンN.L.Bowenが強く主張した1920年ころから,火成岩成因論の主流となり現在に至っている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

けっしょうぶんかさよう【結晶分化作用】

マグマの冷却に伴い、鉱物の晶出・分離によって残ったマグマの化学組成が変化し、種々の火成岩ができる過程。また、その作用。晶出分化作用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

結晶分化作用の関連キーワードアルカリ橄欖石玄武岩系列クリプティック層状構造岩漿(がんしょう)カルクアルカリ系列ソレアイト質系列相変化層状構造マグマ分化作用層状貫入岩体晶出分化作用ペリトロピイ初生マグマ団塊花崗岩粗粒玄武岩榴輝橄欖岩気成鉱床適合元素ラコリス流紋岩玄武岩色指数

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

結晶分化作用の関連情報