相応原理(対応原理)(英語表記)correspondence principle

法則の辞典の解説

相応原理【correspondence principle】

対応原理*の以前の名称.「対応原理」を参照.

ニールス・ボーアが,彼の原子模型をつくるに当たって,量子論的な振動数と古典理論的な振動数とが,量子数が大きくなった場合に一致すると考えたが,これが後に「相応原理」(対応原理)と呼ばれるものとなった.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android