相槍(読み)あいやり

精選版 日本国語大辞典の解説

あい‐やり あひ‥【相槍】

〘名〙 槍を持つ一人の敵に対して、複数の者が槍を持って対戦すること。
甲陽軍鑑(17C初)品五三「合戦せり合に、あひうちは非儀なり。〈略〉鑓(やり)をあはするに、あひ鑓と云事はなく候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android