コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相泉 そうせん

美術人名辞典の解説

相泉

室町時代の画家。和泉堺の人。一説には宗泉と記す。周文或いは如雪の門人という。金碧を用いた弥陀像を能くした。高野山麓に於いて歿。生歿年未詳。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相泉 そうせん

?-? 室町時代の画家。
周文(しゅうぶん)の弟子。和泉(いずみ)(大阪府)堺にすむ。金碧をもちいて阿弥陀像をえがくのにたけていた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

相泉の関連キーワード室町時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android