コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相泉 そうせん

美術人名辞典の解説

相泉

室町時代の画家。和泉堺の人。一説には宗泉と記す。周文或いは如雪の門人という。金碧を用いた弥陀像を能くした。高野山麓に於いて歿。生歿年未詳。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相泉 そうせん

?-? 室町時代の画家。
周文(しゅうぶん)の弟子。和泉(いずみ)(大阪府)堺にすむ。金碧をもちいて阿弥陀像をえがくのにたけていた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

相泉の関連キーワード室町時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android