コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相泉 そうせん

2件 の用語解説(相泉の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

相泉

室町時代の画家。和泉堺の人。一説には宗泉と記す。周文或いは如雪の門人という。金碧を用いた弥陀像を能くした。高野山麓に於いて歿。生歿年未詳。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相泉 そうせん

?-? 室町時代の画家。
周文(しゅうぶん)の弟子。和泉(いずみ)(大阪府)堺にすむ。金碧をもちいて阿弥陀像をえがくのにたけていた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

相泉の関連キーワード意雲栄晋斎包真(2代)岐翁紹禎元賀秋岳宗泉土佐光輔土佐光純

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone