コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真下り マクダリ

デジタル大辞泉の解説

ま‐くだり【真下り】

京都で、御所の反対方向である南へまっすぐに行くこと。
「馬の息のあらん限りと、東の河原を―に」〈保元・中〉
高い所からまっすぐに下ること。
「長刀(なぎなた)うちふり、―に喚(をめ)いてかかる」〈義経記・三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まくだり【真下り】

真下ましたにおりること。 「長刀なぎなた打ち振り、-に喚おめいて懸かる/義経記 3
京都で、御所と反対の方角である南の方にまっすぐに行くこと。 「 -に逃げたりけるが/保元 中・古活字本

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android