真丸・真円(読み)まんまる

精選版 日本国語大辞典「真丸・真円」の解説

まん‐まる【真丸・真円】

[1] 〘名〙 (動) 全くまるいこと。正しくまるいこと。また、その形やそのさま。正円。転じて、物事が円満なさま。まんまろ。
義経記(室町中か)五「は矢ごろに近づけども、まんまるに立ち並びて」
[2] 〘〙 ある範囲すべてにわたって。まるまる。
※玉塵抄(1563)九「みやこに大袖をこのめばどっこもきぬ一疋をまんまるそでにしたぞ」

まん‐まる・い【真丸・真円】

〘形口〙 全くまるい。完全にまるい。
※四河入海(17C前)一三「野人のあるが、うころもちをくれたが、其のなりはまんまるふして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android