コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四河入海 シガニッカイ

デジタル大辞泉の解説

しがにっかい【四河入海】

抄物(しょうもの)の一。25巻。笑雲清三(しょううんせいさん)編。天文3年(1534)成立。蘇東坡(そとうば)の詩の注釈で、瑞渓周鳳(ずいけいしゅうほう)・大岳周崇(たいがくしゅうすう)・一韓智翃(いっかんちこう)・万里集九(ばんりしゅうく)の四人の説を集約して自説を加えたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しがにっかい【四河入海】

抄物の一。笑雲清三しよううんせいさん編。二五巻。1534年成立。蘇東坡そとうばの詩の注解。瑞渓周鳳ずいけいしゆうほう・大岳周崇たいがくしゆうすう・一韓智翃いつかんちこう・万里集九ばんりしゆうきゆうの四人の説に自見を加えて集成したもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

四河入海の関連キーワード京へ筑紫に坂東さ高上がり・高上り世知弁・世智弁片足・片し憤む・慍む入り穿・鑿つべしい真っ斯うせせくるくいくいきっかと瑞渓周鳳せしむるおりそうむさむさくりくり食ひ飽くむっくりちりちりすっぺり

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android