四河入海(読み)シガニッカイ

デジタル大辞泉「四河入海」の解説

しがにっかい【四河入海】

抄物(しょうもの)の一。25巻。笑雲清三(しょううんせいさん)編。天文3年(1534)成立蘇東坡(そとうば)注釈で、瑞渓周鳳(ずいけいしゅうほう)大岳周崇(たいがくしゅうすう)・一韓智翃(いっかんちこう)・万里集九(ばんりしゅうく)の四人のを集約して自説を加えたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「四河入海」の解説

しがにっかい【四河入海】

室町後期の蘇軾東坡)詩の注釈書。二五巻。笑雲清三編。天文三年(一五三四)成立。蘇軾の漢詩の先行注釈書の中から、瑞渓周鳳の「脞説」、大岳周崇の「翰苑遺芳」、一韓智翃の「蕉雨余滴」、万里集九の「天下白」の四書の所説を集成して笑雲清三が編んだ大部なもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android