コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四河入海 シガニッカイ

2件 の用語解説(四河入海の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しがにっかい【四河入海】

抄物(しょうもの)の一。25巻。笑雲清三(しょううんせいさん)編。天文3年(1534)成立。蘇東坡(そとうば)の詩の注釈で、瑞渓周鳳(ずいけいしゅうほう)大岳周崇(たいがくしゅうすう)・一韓智翃(いっかんちこう)・万里集九(ばんりしゅうく)の四人の説を集約して自説を加えたもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しがにっかい【四河入海】

抄物の一。笑雲清三しよううんせいさん編。二五巻。1534年成立。蘇東坡そとうばの詩の注解。瑞渓周鳳ずいけいしゆうほう・大岳周崇たいがくしゆうすう・一韓智翃いつかんちこう・万里集九ばんりしゆうきゆうの四人の説に自見を加えて集成したもの。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone