四河入海(読み)シガニッカイ

デジタル大辞泉「四河入海」の解説

しがにっかい【四河入海】

抄物しょうものの一。25巻。笑雲清三しょううんせいさん編。天文3年(1534)成立蘇東坡そとうば注釈で、瑞渓周鳳ずいけいしゅうほう大岳周崇たいがくしゅうすう一韓智翃いっかんちこう万里集九ばんりしゅうくの四人のを集約して自説を加えたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「四河入海」の解説

しがにっかい【四河入海】

室町後期の蘇軾東坡)詩の注釈書。二五巻。笑雲清三編。天文三年(一五三四)成立。蘇軾の漢詩の先行注釈書の中から、瑞渓周鳳の「脞説」、大岳周崇の「翰苑遺芳」、一韓智翃の「蕉雨余滴」、万里集九の「天下白」の四書の所説を集成して笑雲清三が編んだ大部なもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報