コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大袖 オオソデ

デジタル大辞泉の解説

おお‐そで〔おほ‐〕【大袖】

宮中で、礼服(らいふく)着用の際、小袖の上に着た表衣(うわぎ)。袖口が広く、たもとが長い。
中世の鎧(よろい)付属の袖。幅が広く大きく、鎧の肩から垂らして、盾の代用となる。大袖の鎧。
幅広く仕立てた広袖

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

大袖【おおそで】

奈良時代の礼服(らいふく)の衣。衿(えり)は垂領(たりくび)で,袖は袖付より袖口のほうが広く,袖口は縫い合わせない。この袖の形は平安時代の(うちき)などに継承されている。大袖は位階によって色が異なった。
→関連項目小袖

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

おおそで【大袖】

礼服らいふくの上衣。袖丈が長く、袖口は縫い合わせない。即位・大嘗祭だいじようさいなどに着用した。
よろいの付属具。古くは単に袖と称。横幅の等しい平らな小札こざねの板六、七段を縅おどし、これに鉄製の冠板を付ける。鎧の綿上わたがみに結び付け、上腕部に垂らして盾のかわりとした。 → 壺袖つぼそで大鎧
広袖」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大袖の関連キーワード山梨県甲州市塩山上井尻大袖振 豆もち日御碕神社壺袖・壷袖佐太神社据文金物一の板和服神像甲冑宮中代用杏葉胴丸上衣大鎧小札中世腹巻

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大袖の関連情報