コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真賀[温泉] まが

世界大百科事典 第2版の解説

まが【真賀[温泉]】

岡山県真庭郡湯原町にある温泉。櫃(ひつ)ヶ山南麓,旭川沿いの崖上に湧き,湯原温泉郷に属する。単純泉,41℃。慶長年間(1596‐1614)出雲国十六島(うつぷるい)の領主岩佐政近が病気治癒を祈願したとき白髪の老人に教えられて発見したと伝え,江戸時代は津山藩の公湯であった。1936年のJRの姫新線開通後,利用者が増加した。天然の岩をうがった共同浴場がある。付近に神庭(かんば)ノ滝(高さ109m,幅15m),対岸に足(たる)温泉(単純泉,37℃)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android