眠り目(読み)ネブリメ

デジタル大辞泉の解説

ねぶり‐め【眠り目】

ねむりめ1」に同じ。
「目をも人に見あはせず、―にて、時々阿弥陀仏を申す」〈宇治拾遺・一一〉

ねむり‐め【眠り目】

眠そうな目。また、つぶった目。
「―をまぼしそうに細めて」〈二葉亭訳・めぐりあひ〉
くすんだ色合い。また、そのもの。
「親の喪中とて、衣裳の物ずきも、一きは―にて」〈浮・世間猿〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねぶりめ【眠り目】

眠そうな目つき。また、つぶっている目。 「目をも人に見あはせず、-にて、時々阿弥陀仏を申す/宇治拾遺 11

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android