コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眼付く ガンヅク

デジタル大辞泉の解説

がん‐づ・く【眼付く】

[動カ四]目にして、それと気がつく。転じて、気がつく。
「役者をはじめから口をかけると―・くから」〈洒・居続借金〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がんづく【眼付く】

( 動四 )
見て気付く。気が付く。 「藤七さてはと-・き/浮世草子・風流曲三味線」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

眼付くの関連キーワード浮世草子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android