コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眼斑状混成岩 がんはんじょうこんせいがん ocellar hybrid rock

1件 の用語解説(眼斑状混成岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

眼斑状混成岩

卵形の石英の斑状変晶を含む岩石で,それぞれが角閃石の細い縁による鞘(さや)を被っている.この岩石は花崗岩マグマの中の玄武岩の捕獲岩が交代作用で変化して形成されたと考えられている[Angus : 1962].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

眼斑状混成岩の関連キーワード斑岩ヘリサイト状斑状変晶偽斑状変晶質ヘリサイト構造ドリオモルフィックネヴァダ岩微白粒岩粗面岩質デーサイト輝石岩石英玄武岩

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone