コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眼針療法 がんしんりょうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

眼針療法
がんしんりょうほう

中国の遼寧中医学院・彭静山が開発した新しい針の治療法で,眼の周囲のつぼを使って行なうもの。疼痛 (とうつう) とまひに対して優れた効果をもっており,よく見られる二十数種の疾患を治療でき,特に脳卒中後遺症に効果がある。眼針療法では,中医学の経絡が眼と関係があることから,眼球結膜上の血管の形状と色の変化に基づく特殊な診断法も行なっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android