コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

着背長 キセナガ

デジタル大辞泉の解説

きせ‐なが【着背長】

鎧(よろい)具足の美称。特に、大将の着るものをいう。
「新院、左府、御―を召されたり」〈保元・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きせなが【着背長】

よろいの別名。特に、大将が着るものについていう。 「何によつてか一両の御-を重うはおぼしめし候ふべき/平家 9

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

着背長の関連キーワード投げ掛ける・投掛ける新院唐皮大鎧平家

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android