矢立て(読み)ヤタテ

大辞林 第三版の解説

やたて【矢立て】

矢を入れる容器。箙えびら・胡簶やなぐいなど。
「矢立ての硯」の略。
携帯用の筆記道具。筆を入れる筒の先に墨壺すみつぼをつけたもので、帯に挟む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

矢立ての関連情報