コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢立て ヤタテ

デジタル大辞泉の解説

や‐たて【矢立て】

矢を入れる道具。箙(えびら)・胡簶(やなぐい)の類。
矢立ての硯(すずり)」の略。
携帯用の筆記用具。墨壺についた筒の中に筆を入れ、帯に差し込んだりして持ち歩く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やたて【矢立て】

矢を入れる容器。箙えびら・胡簶やなぐいなど。
「矢立ての硯」の略。
携帯用の筆記道具。筆を入れる筒の先に墨壺すみつぼをつけたもので、帯に挟む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

矢立ての関連キーワード四方竜文(3代)矢立ての初め挿す・差す矢立ての硯万年筆矢種燕市腰挿

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

矢立ての関連情報