コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墨壺 すみつぼ

3件 の用語解説(墨壺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

墨壺
すみつぼ

大工,石工が直線を引くのに用いる道具の一つ。クワやケヤキ材でつくられる。一方を壺状にくりぬいて墨肉を入れ,他方に墨糸を巻いた車を備える。墨糸は墨肉をくぐらせて引出すようになっており,先端につけた仮子 (かりこ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すみ‐つぼ【墨×壺】

直線を引くのに用いる大工道具。糸車に巻いた墨糸を、墨を含ませた綿の中を通して引き出し、墨糸の端の仮子(かりこ)という小さな錐(きり)を刺してまっすぐに張り、糸を指で弾(はじ)いて墨線を引く。
墨汁(ぼくじゅう)を入れる壺。墨入れ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

すみつぼ【墨壺】

大工や石工が材に直線を罫示するのに用いる道具。一方に濃墨汁をしませた真綿を入れた壺を,他方に糸(墨糸)を巻いた車を備え,糸を墨池(壺)の中をくぐらせて引き出し,糸の先につけた仮子(かりこ)(猿子,軽子)という小錐で刺し止め,糸を張って指ではじいて直線を印する。竹棒の両端を蓖(へら)および筆状にしたものを墨指(すみさし)(墨芯)といい,墨壺と一対として用いられる。墨糸で直線を引くことを墨掛(すみかけ),墨指で線引きしたり文字書きをすることを墨付(すみつけ)という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

墨壺の関連キーワード下小屋石大工尺杖鐔鑿間竿墨差丸鉋墨壷

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

墨壺の関連情報