墨壺(読み)すみつぼ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

墨壺
すみつぼ

大工,石工が直線を引くのに用いる道具の一つ。クワやケヤキ材でつくられる。一方を状にくりぬいて墨肉を入れ,他方に墨糸を巻いた車を備える。墨糸は墨肉をくぐらせて引出すようになっており,先端につけた仮子 (かりこ。かることもいう) で固定し,墨糸をはじいて直線の墨付けをする。黒墨の代りに朱墨を入れる場合は朱壺といわれ,ほかに青,黄,緑などの色墨を使うこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すみつぼ【墨壺】

大工や石工が材に直線を罫示するのに用いる道具。一方に濃墨汁をしませた真綿を入れた壺を,他方に糸(墨糸)を巻いた車を備え,糸を墨池(壺)の中をくぐらせて引き出し,糸の先につけた仮子(かりこ)(猿子,軽子)という小錐で刺し止め,糸を張って指ではじいて直線を印する。竹棒の両端を蓖(へら)および筆状にしたものを墨指(すみさし)(墨芯)といい,墨壺と一対として用いられる。墨糸で直線を引くことを墨掛(すみかけ),墨指で線引きしたり文字書きをすることを墨付(すみつけ)という。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

す‐つぼ【墨壺】

〘名〙 =すみつぼ(墨壺)
※鵤荘引付‐応永一七年(1410)「当住具足、合、すつほ二、大小、阿彌陀院寄進」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

墨壺の関連情報