胡簶(読み)ヤナグイ

デジタル大辞泉「胡簶」の解説

やな‐ぐい〔‐ぐひ〕【胡簶/胡籙】

を入れ、右腰につけて携帯する道具。奈良時代から使用され、状差し状のかりやなぐいと幅の広い平胡簶ひらやなぐいとがある。また、古製のゆきが発展したものを平安時代からは壺胡簶つぼやなぐいといい、公家の儀仗用となった。ころく

こ‐ろく【××簶/××籙】

やなぐい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android