胡簶/箶籙(読み)コロク

デジタル大辞泉の解説

こ‐ろく【××簶/××籙】

やなぐい

やな‐ぐい〔‐ぐひ〕【胡簶/胡籙】

矢を入れ、右腰につけて携帯する道具。奈良時代から使用され、状差し状の狩簶(かりやなぐい)と幅の広い平胡簶(ひらやなぐい)とがある。また、古製の靫(ゆき)が発展したものを平安時代からは壺胡簶(つぼやなぐい)といい、公家の儀仗用となった。ころく。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android