知ぬ呉服商売より知った小糠商(読み)しらぬごふくしょうばいよりしったこぬかあきない

精選版 日本国語大辞典の解説

しら【知】 ぬ=呉服商売(ごふくしょうばい)[=金商(こがねあきない)・米商(こめあきない)]より知(し)った小糠商(こぬかあきない)

なれない大口商売より、たとえ小規模で利益は少なくてもなれた商売の方が安全である。知った小糠商。
浄瑠璃・釜淵双級巴(1737)中「知らぬ呉服商売より知った小糠商(コヌカアキナヒ)と、まあ手なれた事をしてゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android