コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釜淵双級巴 かまがふちふたつどもえ

世界大百科事典 第2版の解説

かまがふちふたつどもえ【釜淵双級巴】

(1)人形浄瑠璃時代物。3段。並木宗輔作。角書に〈七条河原〉とある。1737年(元文2)7月大坂豊竹座初演。大盗石川五右衛門を主人公とした松本治太夫正本《石川五右衛門》(貞享ころか)や近松門左衛門作《傾城吉岡染》(1712)の先行諸作をふまえる。河内国枚方で鹿狩のそれ矢を拾った五右衛門は,その矢で傷ついたと称して乞食婆を母に仕立て,五十両をかたりとり,島原に遊ぶ。遊女滝川と馴染んだ五右衛門は,夫婦となり駆落する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

釜淵双級巴の関連キーワード下はるでえす

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android