コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釜淵双級巴 かまがふちふたつどもえ

1件 の用語解説(釜淵双級巴の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かまがふちふたつどもえ【釜淵双級巴】

(1)人形浄瑠璃時代物。3段。並木宗輔作。角書に〈七条河原〉とある。1737年(元文2)7月大坂豊竹座初演。大盗石川五右衛門主人公とした松本治太夫の正本《石川五右衛門》(貞享ころか)や近松門左衛門《傾城吉岡染》(1712)の先行諸作をふまえる。河内国枚方で鹿狩のそれ矢を拾った五右衛門は,その矢で傷ついたと称して乞食婆を母に仕立て,五十両をかたりとり,島原に遊ぶ。遊女滝川と馴染んだ五右衛門は,夫婦となり駆落する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

釜淵双級巴の関連キーワード菅原伝授手習鑑操り浄瑠璃時代浄瑠璃浄瑠璃狂言浄瑠璃座淡路人形浄瑠璃内海繁太郎並木永輔並木良輔

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone