知らぬ呉服商売より知った小糠商(読み)しらぬごふくしょうばいよりしったこぬかあきない

精選版 日本国語大辞典 の解説

しら【知】 ぬ=呉服商売(ごふくしょうばい)[=金商(こがねあきない)・米商(こめあきない)]より知(し)った小糠商(こぬかあきない)

  1. なれない大口商売より、たとえ小規模で利益は少なくてもなれた商売の方が安全である。知った小糠商。
    1. [初出の実例]「知らぬ呉服商売より知った小糠商(コヌカアキナヒ)と、まあ手なれた事をしてゐる」(出典浄瑠璃釜淵双級巴(1737)中)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android