コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

短期金融資産投資信託 たんききんゆうしさんとうししんたくmoney market fund; MMF

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

短期金融資産投資信託
たんききんゆうしさんとうししんたく
money market fund; MMF

市中金利に連動する証券会社の投資信託として 1971年にアメリカで開発された金融商品。顧客から集めた小口資金をプールして,譲渡性預金 (CD) やコマーシャル・ペーパー (CP) ,米財務省短期証券 (TB) などの短期金融商品に投資して運用する。 70年代末から 80年初めにかけて爆発的な売れ行きをみせた。この人気を受けてアメリカの銀行は,高利回りで小切手も切れ,金利上限なしの MMAあるいは MMDA (短期金融市場預金勘定) を 82年 12月に対抗商品として開発した。なお,日本にもこの金融革命が飛び火し,86年8月に FFFという公社債投資信託が誕生した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

短期金融資産投資信託の関連キーワードエレクトロニック・バンキング現金管理勘定市中金利MMF