コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

譲渡性預金 じょうとせいよきん

7件 の用語解説(譲渡性預金の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

譲渡性預金

他人への譲渡が可能な定期預金のこと。通常、定期預金は他人への譲渡が不可能である。しかし、譲渡性預金の場合、銀行が無記名の証書を発行することで譲渡が可能となっている。1979年から発行開始されており、金利は手形レート現先レートなどの金融市場の動向を参考に定められている。発行当初は、発行最低単位や預かり入れ期間に対する規制があったが、98年を境に、金額、預金期間にかかわらず、自由に譲渡性預金を発行できるようになった。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じょうとせい‐よきん〔ジヤウトセイ‐〕【譲渡性預金】

シー‐ディー(CD)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

譲渡性預金【じょうとせいよきん】

negotiable time certificate of depositの訳。略称CDまたはNCD譲渡可能定期預金証書ともいう。金融機関が,投資家と個別に交渉して発行金利,期間を定める預金証書
→関連項目公社債投資信託短期金融市場

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

外国為替用語集の解説

譲渡性預金

CD(Certificate of Deposit)。第三者に譲渡できる定期預金。銀行が発行する無記名の預金証書。金融市場で自由に売買でき、期間は2週間から2年と規定されている。

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

譲渡性預金
じょうとせいよきん
certificate of deposit; CD

銀行が発行する無記名の預金証書で,預金者はこれを金融市場で自由に売買できる。 1961年にアメリカシティバンクが創設。以後企業の余裕資金運用の対象として,また銀行にとっては自由金利の資金調達手段として急速に普及した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

譲渡性預金
じょうとせいよきん
negotiable certificate of deposit

通常は単にCDと略称されるが、銀行関係者はキャッシュディスペンサーcash dispenserとの誤解を避けるためにNCDの略称を使うことが多い。銀行の定期預金証書は、普通は他人に譲り渡すことはできないが、CDは預金者が必要に応じていつでも金融市場で自由に売却でき、金利は市場金利を反映して決められる。1961年にアメリカのシティバンクが大口預金者の流出をつなぎとめるために発行して以来、その発行流通市場は急発展し、その後ユーロ市場にも波及した。日本でも1978年(昭和53)12月に金融制度調査会が導入を打ち出し、翌79年5月から発行されるようになった。アメリカのCDは、預入れ期間は2週間以上で制限はなく、通常は1年未満3か月前後が多い。発行単位は10万ドル未満のものもあるが、金融市場では10万ドル以上のものが売買されている。
 日本のCDは、当初は発行単位は5億円以上、預入れ期間は3か月以上6か月以内とされていたが、その後数度にわたり改訂され、現在では発行単位や預入れ期間の規制はなくなっている。1984年末のCD発行残高は8兆円強であったが、2007年(平成19)末では34兆円余りとなり、多くの機関投資家や金融機関その他の法人などに保有され、短期金融市場でも活発に売買されている。そのほとんどは都市銀行の発行によるもので、いわば短期銀行債である。CDの3か月ものの金利は、短期金融市場金利の重要な指標となっている。[後藤 猛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の譲渡性預金の言及

【CD】より

…negotiable certificate of depositの略。譲渡が可能な預金で,かつては譲渡可能定期預金証書と訳されていたが,現在は一般に譲渡性預金と訳される。銀行関係者の間ではキャッシュ・ディスペンサー(CD)と区別してNCDの略語が一般に使われる。…

※「譲渡性預金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

譲渡性預金の関連キーワード準通貨譲渡可能定期預金証書定期預金無記名定期預金貯蓄預金通貨性預貯金NOW勘定CD(Certificate of Deposit)定期性預金償却原価法・譲渡性預金

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

譲渡性預金の関連情報