石三次郎(読み)いし さんじろう

  • 石三次郎 いし-さんじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1900-1968 昭和時代の教育学者。
明治33年4月10日生まれ。母校東京文理大の学生主事補などをへて,昭和17年東京高師教授となる。24年東京教育大教授,31年教育学部長。付属桐が丘養護学校を創設し校長併任。文部省教育課程審議会委員長などをつとめた。昭和43年7月30日死去。68歳。茨城県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

興行収入

観客が興行会社(劇場)に支払う入場料の合計金額を興行収入(興収)といい、この興収の中から、宣伝費などの必要経費と劇場利益を差し引いた金額を興行会社は配給会社に支払う。この配給会社に支払われる金額を配給...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android