石切劔箭(いしきりつるぎさや)神社

デジタル大辞泉プラスの解説

石切劔箭(いしきりつるぎさや)神社

大阪府東大阪市にある神社。初代神武天皇の御代の創祀とされる。祭神は饒速日命(にぎはやひのみこと)、可美真手命(うましまでのみこと)。腫れものを治す「でんぼ」の神として信仰を集める。通称は石切さん。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android