コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

可美真手命 うましまでのみこと

3件 の用語解説(可美真手命の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

可美真手命 うましまでのみこと

記・紀にみえる神。
饒速日命(にぎはやひのみこと)の子。物部(もののべ),穂積(ほづみ),采女(うねめ)氏の祖。「日本書紀」では母は長髄彦(ながすねひこ)の妹の三炊屋媛(みかしきやひめ)。「旧事本紀(くじほんぎ)」では神武天皇に神宝10種を献じ,矛(ほこ)と楯(たて)をもってつかえたという。「古事記」では宇麻志麻遅命(うましまじのみこと)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

可美真手命

物部氏らの伝説上の先祖。『古事記』『日本書紀』『旧事本紀』によると,神武天皇の東征に先立って,天磐船で天降り大和の地にあった天神饒速日命(ニギハヤヒノミコト)が,土着の勢力である長髄彦の妹と結婚して生んだ。長髄彦は,神武東征の際,神武の軍にとって最も手強い敵だったが,ニギハヤヒ(『旧事本紀』ではウマシマデ)が長髄彦を殺して神武の側についたので,最終的に大和の平定が成った。天皇はその功績をほめてウマシマデに神剣を授け,これが石上神宮(天理市)の御神体だという。ウマシマデは天からもたらされた10種の神宝を天皇に献じ,以後武をもって仕えた。物部氏独自の歴史と伝統を象徴する人物である。

(溝口睦子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

可美真手命
うましまでのみこと

神武(じんむ)天皇の大和(やまと)平定物語のなかに出てくる人物で、饒速日命(にぎはやひのみこと)と長髄彦(ながすねひこ)の妹三炊屋媛(みかしぎやひめ)との間に生まれた子。饒速日命が天羽々矢(あめのはばや)や歩靭(かちゆぎ)などの神宝を持って天孫より先に天降(あまくだ)ったので、長髄彦は君として仕えたとされる(日本書紀)。『古事記』では、宇摩志麻遅命(うましまじのみこと)と記され、物部(もののべ)氏の祖となっている。『旧事本紀(くじほんぎ)』によれば、神武天皇のとき物部を率いて宮廷を固め、物部の鎮魂祭(たましずめのまつり)を始めたとある。[守屋俊彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

可美真手命の関連キーワード古事記伝沈鐘天津久米命天忍日命夏伯儀狄虞舜古訓古事記神武東征伝説大久米命

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone