コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石化薔薇 せきかばらpetrified rose

岩石学辞典の解説

石化薔薇

バライトの大きな結晶が薔薇に似た形の物(rosette)のような塊となったもので,砂粒と一緒に付着して増大し形成される[Twenhofel : 1950].日本では砂漠の薔薇と呼ばれている.岩薔薇(rock rose)[Tarr : 1933],ロゼット(rosette)[Pettijohn : 1957].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

石化薔薇の関連キーワードサンド・バライト

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android