コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薔薇 ショウビ

6件 の用語解説(薔薇の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょう‐び〔シヤウ‐〕【××薇】

ばら。いばら。そうび。 夏》

そう‐び〔サウ‐〕【××薇】

バラ。バラの花。しょうび。 夏》
襲(かさね)の色目の名。表は紅、裏は紫。

ばら【薔薇】

バラ科バラ属の低木の総称。特に、観賞用に改良された園芸品種。枝にとげがあり、蔓(つる)状となるものもある。葉は羽状複葉。萼(がく)・花びらとも5枚が基本で、重弁もある。花は香りが強く、咲く形から抱え咲き・剣弁咲き・高芯咲き・平咲きなどとよぶ。色は紅・赤・黄色などさまざまあるが、青色はない。主に北半球温帯冷帯に分布。バラ科の双子葉植物にはバラ属のほかサクラ属・シモツケ属・ナシ属など約100属が含まれ、約2000種が世界各地に分布。ローズ。いばら。しょうび。そうび。 夏》「手の―に蜂来れば我王の如し/草田男

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょうび【薔薇】

バラ。茨いばら。そうび。

そうび【薔薇】

バラ。バラの花。しょうび。 [季] 夏。
かさねの色目の名。表は紅、裏は紫。夏に用いる。

ばら【薔薇】

〔「ばら(荊棘)」と同源〕
バラ科の低木。観賞用に栽培される。高さ1~3メートルに達し、とげがあり、時につる性となる。葉は奇数羽状複葉。花は重弁、時に五弁。ヨーロッパ・中国・日本産の野生種を交配改良したもので、多くの系統がある。しょうび。そうび。 [季] 夏。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薔薇の関連キーワードバラ(薔薇)ナニワイバラ頭巾薔薇難波薔薇木苺シンフォリカルポスセイヨウスモモセイヨウナシばら

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

薔薇の関連情報