コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川富則 いしかわ ふうそく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川富則 いしかわ-ふうそく

?-? 江戸時代中期-後期の和算家。
武蔵(むさし)埼玉郡の人。寛政6年ごろ上総(かずさ)(千葉県)の新田分割について師の会田安明に教えをうけた。四十余年和算をおしえながら各地を遊歴し,享和(1801-04)の初めごろ70歳で死去したという。通称は弥次右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

石川富則の関連キーワード和算家

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android