コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会田安明 あいだやすあき

7件 の用語解説(会田安明の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

会田安明
あいだやすあき

[生]延享4(1747).出羽,七日町
[没]文化14(1817).江戸
江戸時代後期の和算家。通称算左衛門,字は子貫,号は自在亭。 16歳のとき,十日町の中西流岡崎安之の門に入って算術を学んだ。 23歳のとき江戸に出て,御家人株を買って御普請役として利根川鬼怒川などの改修工事に従事したが,天明7 (1787) 年役を免じられ,のち,数学者として生きた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あいだ‐やすあき〔あひだ‐〕【会田安明】

[1747~1817]江戸後期の和算家。出羽の人。号は自在亭。最上(さいじょう)流の祖。関(せき)流の学者と論争した。著「算法天生法指南」。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

会田安明【あいだやすあき】

江戸中期の和算家。出羽(でわ)山形に生まれ,23歳のとき江戸に出て御家人の株を買い,治水工事に従事,のち扶持を離れた。本多利明に数学を学ぶ。関流の藤田貞資《精要算法》を訂正した《改正算法》(1785年)を出版して藤田の高弟神谷定令の攻撃をうけ,以後関流と20年余にわたって論争,最上流を立てた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

会田安明 あいだ-やすあき

1747-1817 江戸時代中期-後期の和算家。
延享4年2月10日生まれ。岡崎安之(やすゆき)にまなび,江戸で一時,幕府につかえる。天明5年「改精算法」を出版して関流の藤田貞資(さだすけ)を批判し,以後論戦は20年におよぶ。最上流(さいじょうりゅう)開祖を称した。文化14年10月26日死去。71歳。出羽(でわ)山形出身。姓は一時,鈴木。字(あざな)は子貫。通称は算左衛門,彦助。号は自在亭。名は安旦ともかく。編著に「算法天生法指南」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あいだやすあき【会田安明】

1747‐1817(延享4‐文化14)
江戸中期の数学者。通称算左衛門,字は子貫,号は自在亭という。山形の七日町に生まれ,山形で数学を学ぶ。さらに数学を学ぶために江戸へ出る。そのころ有名であった藤田貞資の弟子になろうとしたが,感情のもつれから成功しなかった。会田は藤田の著書《精要算法》(1781)を訂正した《改精算法》(1785)を出版した。この出版により,藤田の弟子の神谷定令によるきびしい攻撃を受けた。会田は自分の塾を最上流と名づけ,藤田の関流と対抗した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あいだやすあき【会田安明】

1747~1817) 和算家。山形の人。最上さいじよう流の祖。等号・対数表などに業績をあげる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

会田安明
あいだやすあき
(1747―1817)

江戸後期の和算家。名は「やすあきら」とも読み、安旦と書くこともある。山形に生まれる。幼名重松。若くして郷里で岡崎安之(やすゆき)について数学を学ぶ。学んだのは天元演段(天元術を使って問題を解く)までである。のち江戸に出て幕臣の株を買い、鈴木彦助と称し、各地の治水工事に従事した。同僚とともに職を辞め、会田姓に復して、数学によって身をたてようとした。当時和算の第一人者とよばれた関流の藤田貞資(さだすけ)の門に入ろうと思い、その高弟神谷定令のつてによって貞資に面会を求めたが、ささいなことから口論になり、そのまま立ち戻った。そのころ藤田貞資の著『精要算法』が良書として有名であったので、これを標的として『改精算法』を著してこの書を攻撃した。藤田派はこれに応じて逆批判の書を出版し、安明はまた再批判の書を刊行するなど、その争いは20余年に及んだ。この争いの間に安明の学力はめきめき上達し、ついに最上(さいじょう)流開祖を名のるようになった。最上流の名はその生地最上(もがみ)から出ており、また最上(さいじょう)の流儀という意味もある。著書千数百巻、そのうち版になったのは『当世塵劫記(じんごうき)』『算法古今通覧』『算法天生法指南』などである。このうち『算法天生法指南』は1810年(文化7)の刊で、点竄(てんざん)術を詳細に説明した最初の書物である。代表的な公式を系統的に解き、一種の公式集の観がある。この後、関流でも点竄術の自習書を出したが、『算法天生法指南』はこれらのうちでもきわめて系統的で出色のものである。[大矢真一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の会田安明の言及

【算額】より

…写本では17世紀末から,刊本では藤田貞資の《神壁算法》(1789)で,以後次々と出版された。算額の問題による論争も多く,有名なのは関流の藤田貞資と最上流の会田安明とで,前後20年以上も論戦が続いた。算額は日本中どこにでもあったが,現存するのは約800面である。…

【魔方陣】より

…久留島義太は桂馬飛びの方法と簡単な並べ方を,安島直円はフランクリン型を発見した。山路主住の五方陣,会田安明の四方陣変換の研究が著しい。【平山 諦】
【中国】
 中国での歴史は古く縦横図とよばれた。…

【和算】より

…この書は代表的な数学遊戯の書として今に至るまで読まれている。そのころ,山形から江戸に出て,数学者になろうと考えた会田安明(1747‐1817)は,藤田貞資の弟子になろうとして果たせず,藤田の名著《精要算法》を批判した《改精算法(かいせいさんぽう)》(1785)を出版したことから,藤田の属する関流と,会田が起こした最上流(さいじようりゆう)とで論戦が始まった。この論戦は約20年続き,これによって討論らしきものができかかった。…

※「会田安明」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

会田安明の関連キーワード竹田出雲(初代)桃園天皇桂川甫筑中止命令と勧告会田安明小川破笠源琦高知城五元集サンスーシ宮殿

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone