武蔵(読み)むさし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武蔵
むさし

大分県東部国東市南部の旧町域。国東半島東部にある。 1898年町制施行。 1954年中武蔵村と合体。 2006年国東町,国見町,安岐町と合体して国東市となる。中心集落は古市。両子山から南東流する武蔵川の流域に開け,米のほか,野菜が栽培される。 1971年安岐との境界地区に新大分空港 (1973大分空港に改称) が開港し,工場誘致が進んだ。照恩寺には国の重要文化財の国東塔がある。海岸は国東半島県立自然公園に属する。

武蔵
むさし

大和型戦艦」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

むさし【武蔵】

◇ 〔古くは「むざし」〕 旧国名の一。東京都・埼玉県の大部分と神奈川県北東部に相当。武州ぶしゆう
旧日本海軍の戦艦。大和の同型艦で戦艦としては世界最大。1942年(昭和17)竣工。基準排水量64000トン。主砲四六センチ砲九門を搭載。44年10月、フィリピンのシブヤン海で米艦載機の攻撃を受け沈没。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

武蔵 (むさし)

生年月日:1972年10月17日
平成時代の格闘家

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

武蔵の関連情報