武蔵(読み)むさし

精選版 日本国語大辞典「武蔵」の解説

むさし【武蔵】

[一] (古くは「むざし」) 東海道十五か国の一国。古くは无邪志(むざし)国・胸刺(むさし・むなさし)国・知々夫国の三国造が置かれたが、大化改新後武蔵一国となり、初めは東山道に属していた。宝亀二年(七七一)東海道の一国となる。鎌倉時代には関東御分国、北条氏が国司・守護職を兼帯。室町時代には初め鎌倉公方足利氏、後、関東管領上杉氏、戦国時代には北条氏が支配。天正一八年(一五九〇)徳川家康の江戸入府後は、藩領・幕領・旗本領に分かれた。明治四年(一八七一)の廃藩置県後、一府八県が置かれたが、のち埼玉県・東京府・神奈川県に分割統合された。武州。
[二] 旧日本海軍の戦艦。「大和」と同型。基準排水量六万四千トン。速力二七ノット。昭和一七年(一九四二)完成。同一九年フィリピン沖で沈没

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

367日誕生日大事典「武蔵」の解説

武蔵 (むさし)

生年月日:1972年10月17日
平成時代の格闘家

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「武蔵」の解説

武蔵
むさし

大分県東部国東市南部の旧町域。国東半島東部にある。 1898年町制施行。 1954年中武蔵村と合体。 2006年国東町,国見町,安岐町と合体して国東市となる。中心集落は古市両子山から南東流する武蔵川の流域に開け,米のほか,野菜が栽培される。 1971年安岐との境界地区に新大分空港 (1973大分空港に改称) が開港し,工場誘致が進んだ。照恩寺には国の重要文化財の国東塔がある。海岸国東半島県立自然公園に属する。

武蔵
むさし

大和型戦艦」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「武蔵」の解説

むさし【武蔵】

旧国名の一。東海道所属江戸時代初期に下総国の一部が編入された。現在の東京都埼玉県全域、神奈川県の東部を含めた地域にあたる。武州(ぶしゅう)。
旧日本海軍の戦艦。大和(やまと)同型。昭和17年(1942)竣工。排水量6万9000トン。昭和19年(1944)フィリピン沖で米機の攻撃により沈没。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android